自己破産の手順の基礎

自己破産を行なう前の準備

スポンサーリンク


自己破産を行なう前の準備


自己破産を行なう場合には、

 ・自分で行なう場合
 ・弁護士、司法書士に依頼する

の2つの方法があります。


自分で自己破産をする場合でも弁護士や司法書士に依頼する場合でも
まずは、自分で、借金についての現状を把握して、まとめておく
必要があります。



この為、自己破産を行なう前に、下記のような事をまとめる事になります。




・借金先の貸金業社、クレジット会社の名前の一覧
・契約書、借用書、督促状などの借金に関連する書類の全てを集める
・借入先の状況として、借入先ごとに下記のような内容を一覧にする
  ・いつ借金をしたか
  ・いくらのお金を借りたか
  ・どこから借り入れをしたか
  ・現在の借金の残高
  ・月々の返済額
  ・連帯保証人の有無
  ・借入先の名前
  ・借入先の住所
  ・借入先の電話番号
・家族や友人などからの借り入れがある場合も借入先の状況として一覧にする
・家や土地などが担保になっている物がある場合は、担保になっている物の一覧
・自分の経歴、職歴、収入などの下記のような情報
  ・経歴
  ・職歴
  ・収入額
  ・家族構成
  ・現状の生活費
  ・家賃
・予納金の準備

*下記の裁判所のホームページで申立を行なう時の書式が手に入ります。
自己破産の申立て等で使う書式例


このような内容を、まずは、自己破産を行なう前の準備としてまとめておきましょう。
このまとめた内容は、弁護士や司法書士などに相談を行なう場合でも同様に必要です。




借金の現状をまとめる



実際には、自己破産をしようと考えている人の場合には、色々な貸金業者から
借金をしている為、正確に把握できていない人も多いと思います。
このように、どこから、いつ、いくら借りたかを把握できていない場合でも
出来る限りまとめるようにしましょう。
もしも、どうしても借りたお金の金額などが分からない場合には、空欄にしておき、
借り入れがある事が分かるようにしておきましょう。


なお、意図的に、特定の貸金業者を一覧に記入しないで、除外していた場合には、
自己破産の申立をしたとしても、最終的に、免責が認められない場合も
出てきますので、正直に記入するようにしましょう。




スポンサーリンク


2008年04月11日 01:43