提出書類の書き方

自己破産の提出書類の陳述書の書き方

スポンサーリンク


自己破産の提出書類の陳述書の書き方


自己破産の申立を行なう時には、陳述書
陳述書とは、自己破産を行なう人の

 ・生活の状況
 ・家族の状況
 ・現在の住居の状況
 ・経歴
 ・借金に関して

などの状況について、記入する必要があります。
また、陳述書に記入していくに、陳述書に添付する必要が
ある書類(給料明細のコピーなど)の指示が記述されていますので、
必要な書類も陳述書と一緒に提出する事になります。


*下記の裁判所のホームページで申立を行なう時の書式が手に入ります。
 陳述書の書式は、下記の裁判所のページの「2−(1)陳述書」になります。
自己破産の申立て等で使う書式例



生活の状況では、現在の職業について記入します。
自営業、勤務、無職のどの状況であるかをチェックします。
その後、

 ・就職した時期
 ・職場・会社名
 ・業種
 ・地位
 ・手取り収入
 ・退職金制度の有無
 ・退職金額

について記入していきます。

この時に、会社員の人の場合には、給料明細のコピーなども必要になります。
このように、どのような書類が必要になるかについても、陳述書に記載されていますので、
準備して、陳述書と一緒に提出する事になりますので、準備しておきましょう。




家族の状況については、家族の

 ・続柄
 ・氏名
 ・年齢
 ・同居の有無
 ・職業
 ・平均手取月収

について記入します。



現在の住居の状況については、

 ・現在の住居に住みだした日
 ・借家の場合
 ・持家の場合

について記入する事になります。
借家の場合には、「家賃」、「敷金」、「家賃滞納額」、「借主の名前」を記入します。
持家の場合には、土地、建物の所有者名、申立人との関係について記入します。



経歴については、

 ・最終学歴
 ・職歴
 ・結婚暦

について記入する事になります。



このように、陳述書を作成する場合には、陳述書の書面に従い、
必要事項を記入して行くことになります。

また、陳述書と一緒に提出する必要がある書類についても、陳述書に
記載されていますので、準備するようにしましょう。




スポンサーリンク


2007年07月05日 20:16