破産宣告

自己破産の破産宣告を受けた後にすること

スポンサーリンク


自己破産の破産宣告を受けた後にすること


自己破産の申立を行ない、審問を終えて、問題が無い場合には、裁判官によって
破産宣告が行なわれる事になります。


破産宣告を受けることができたからと言って、安心していてはいけません。
破産宣告を受けただけでは、借金の返済が帳消しになった訳ではありません。



破産宣告を受けただけでは、裁判所に支払不能状態であると認められた
だけである為、単に借金の返済が無理である状態を認められたに過ぎません。
借金の返済を帳消しにしてもらう為には、免責の手続きを取る必要があります。


免責の手続きについては、以後のページで説明する事としまして、
まずは、ここでは、破産宣告を受けた後に、どのような事をする事に
なるのかを見て行きたいと思います。



破産宣告を受けた後には、

 ・同時廃止
 ・破産管財人にようる破産手続き
 ・異時廃止

の3つの方法のどれかを行う事になります。




同時廃止の場合


自己破産の申立を行なう人の場合には、多くの人の場合、この同時廃止
行なう事になります。


同時廃止とは、特に財産を持っていない人が自己破産の申立を行なう場合で、
特に財産が無いので、通常の財産がある人の自己破産のように破産管財人
選任して、財産を処分して換金する必要が無い場合に、同時廃止の方法が
とられることになります。


この為、特に財産を持っていない人の場合には、自己破産の申立を行ない、
提出して書類に不備が無い場合には、破産宣告を受けたと同時に、
同時廃止の決定が行なわれる事になります。




破産管財人にようる破産手続きの場合


自己破産の申立を行なった人が、ある程度の財産を持っている場合には、
破産宣告を受けた時に、破産管財人の選任が行なわれます。

破産管財人は、自己破産の申立を行なった破産者の財産を管理して、
財産を換金して、財産をお金に変えていきます。

破産者の財産が換金できたところで、破産管財人によって、
貸金業者などの債権者に対して、公平にお金が分配される事になります。




異時廃止の場合


異時廃止とは、自己破産の申立、審問を行なった時には、自己破産の申立をした
債務者に財産があると思われていたが、実際に、破産管財人が財産の整理をして
処分しようとした時に、特に財産が無い事が分かり、破産手続きを行なう費用
すらで出ない事が分かった場合に破産管財人の申立が行なわれたり、
裁判所の職権で、同時廃止の決定を行なう方法になります。




このように、裁判所によって、破産宣告を受けた後には、

 ・同時廃止
 ・破産管財人にようる破産手続き
 ・異時廃止

のどれかが行なわれる事になります。




スポンサーリンク


2009年09月18日 22:19