申立

どこの裁判所に自己破産の申立をしに行けば良いのか?

スポンサーリンク


どこの裁判所に自己破産の申立をしに行けば良いのか?


自己破産の申立を行なう為の準備が整ったら、実際に、裁判所に行き、
自己破産の申立の書類を持って、裁判所に提出する事になります。
ここで、自己破産の申立をする場合には、どこの裁判所に行っても
良いと言うわけではありません。


まずは、自己破産の申立を行なうことができる、裁判所は、地方裁判所になります。
もちろん、地方裁判所であればどこの地方裁判所に行っても言い訳ではありません。




どこの地方裁判所に、自己破産の申立ができるか


自己破産の申立をする場合に、申立をしに行く地方裁判所は、
どこの地方裁判所に行けば良いかは、決まっています。


それは、くかは借金をして自己破産をする人の現住所地にある地方裁判所に行って、
自己破産の申立を行なう必要があります。



なお、現在、住所が不定になっている人の場合には、現在、生活しているところの
地方裁判所自己破産の申立を行う事になります。



このように、自己破産を行なう場合には、どこの地方裁判所に申立に
行くべきかが決まっていますので、予納金が安い地方裁判所を選ぶ
ようなことはできないようになっています。



なお、裁判所に自己破産の申立に行く日には、
申立の手続きとして、封筒に債権者の住所などを書くことになりますので、

 ・ボールペン
 ・印鑑
 ・債権者一覧表

を持って行くようにしましょう。





スポンサーリンク


2007年07月05日 20:09