申立の準備

自己破産の申立時に自分で作成するか弁護士や司法書士に依頼して作成する書類

スポンサーリンク


自己破産の申立時に自分で作成するか弁護士や司法書士に依頼して作成する書類


自己破産の申立を行なう為には、いくつかの書類を作成する必要があります。
ここでは、自分で作成するか、弁護士や司法書士に依頼して作成する必要がある
書類について説明したいと思います。


なお、ここでは、自己破産のなかで、一番、利用される事が多い「同時廃止」
の場合の自己破産の申立時に必要な書類について見ていきます。



裁判所に行き、自己破産の申立を行なう時に必要になる書類で、
前もって、作成しておく必要がある書類とは、

 ・破産申立書
 ・陳述書
 ・資産目録
 ・債権者一覧表
 ・家計の状況
 ・委任状

の書類になります。

*下記の裁判所のホームページで申立を行なう時の書式が手に入ります。
自己破産の申立て等で使う書式例




破産申立書について


破産申立書とは、「自己破産の申立を行ないます」という事を
裁判所に示す為の書類になります。
言い方は悪いかも知れませんが、自己破産の申込書と言ったとこでろでしょう。

*下記の裁判所のホームページで申立を行なう時の書式が手に入ります。
 破産申立書は、下記の裁判所のページの「破産手続開始及び免責申立書(同時廃止用)」になります。
自己破産の申立て等で使う書式例




陳述書について


陳述書とは、自己破産を行なう人の

 ・経歴
 ・家族構成
 ・生活状況
 ・借金に関して

などの状況について、記入する必要があります。

*下記の裁判所のホームページで申立を行なう時の書式が手に入ります。
 陳述書の書式は、下記の裁判所のページの「2−(1)陳述書」になります。
自己破産の申立て等で使う書式例




資産目録について


資産目録とは、自己破産を行なう人の資産や財産の状況について
細かく記入する必要がある資料になります。

どのような財産があるか、どれくらい貯金があるか、生命保険について
などについて、細かく書く事になります。

*下記の裁判所のホームページで申立を行なう時の書式が手に入ります。
 資産目録の書式は、下記の裁判所のページの「2−(3)資産目録」になります。
自己破産の申立て等で使う書式例



債権者一覧表


債権者一覧表とは、債権者の名前や住所、電話番号、借金の額などを
まとめた一覧表です。

この債権者一覧表で、どのような貸金業者からいつ、どれくらい
借金をしたのかが分かるようになります。

*下記の裁判所のホームページで申立を行なう時の書式が手に入ります。
 債権者一覧表の書式は、下記の裁判所のページの「2−(2)債権者一覧」になります。
自己破産の申立て等で使う書式例



家計の状況


家計の状況とは、生活で、どのような収入があるのか、
どのような支出をしているのかを示すものです。

簡単に言うと、家計の状況とは、家計簿のような物になります。
この家計の状況については、2ヵ月分を作成して提出する必要があります。

*下記の裁判所のホームページで申立を行なう時の書式が手に入ります。
 家計の状況の書式は、下記の裁判所のページの「2−(4)家計状況」になります。
自己破産の申立て等で使う書式例




委任状


委任状とは、弁護士や司法書士に、自己破産の手続きを依頼した場合に、
手続きを弁護士や司法書士に委任する事を証明する書類になります。
この為、自己破産の手続きを自分で行なう人には、必要が無い書類になります。

普通、弁護士や司法書士に、自己破産の手続きを依頼した時に、
弁護士や司法書士が作成してくれます。

なお、この委任状を裁判所に提出しないと、弁護士や司法書士は、
あなたに代わって、自己破産の手続きを行なう事ができません。




作成する必要がある書類は、このような書類になります。
基本的には、弁護士や司法書士と相談しながら記入していく事になりますが、
もしも、自分で自己破産の申立を行なおうと考えている場合には、
裁判所のホームページの書式を参考にして頂ければと思います。




スポンサーリンク


2008年06月10日 20:05