申立の準備

自己破産の申立時に裁判所に提出する書類

スポンサーリンク


裁判所に提出する為に作成する書類


自己破産の申立を行なう為のには、実際に、裁判所に行き、自己破産の申立の
書類を提出する事になります。


この自己破産の申立を行なう為に必要となる書類には、2つの種類に分類できます。
2つの書類の分類とは、

 ・自分で作成するか弁護士や司法書士に依頼して作成する書類
 ・集めておく必要がある書類

の2つになります。




自分で作成するか弁護士や司法書士に依頼して作成する書類


裁判所に行き、自己破産の申立を行なう時に必要になる書類で、
前もって、作成しておく必要がある書類とは、

 ・破産申立書
 ・陳述書
 ・資産目録
 ・債権者一覧表
 ・家計の状況
 ・委任状

の書類になります。

*下記の裁判所のホームページで申立を行なう時の書式が手に入ります。
自己破産の申立て等で使う書式例




集めておく必要がある書類


裁判所に提出書類は、現状の資産の状況や債権者一覧などの書類を作成すれば良いと
言う訳では、ありません。
実際に、自分でか、弁護士や司法書士に依頼して作成してもらった書類の内容を
証明する為の書類が必要になります。

この為、自己破産を行なう前に、前もって、集めておく必要がある書類もいくつかあります。





スポンサーリンク


2008年05月13日 20:05