申立の準備

自己破産を行なう前の準備で揃えておくといい書類など

スポンサーリンク


自己破産を行なう前の準備で揃えておくといい書類など


自己破産の申立を裁判所に行なう時には、色々な書類が必要になります。
この為、裁判所に行く前や弁護士や司法書士に相談に行く前に、
揃えておくとスムーズに自己破産の申立の手続きを行なう事ができます。


実際に用意しておくと良い書類などは、

 ・貸金業者との間の証明書類、書類など
 ・給料の証明
 ・預金通帳のコピー
 ・財産目録

になります。
それぞれの内容については、下記で詳しく見て行きたいと思います。

*下記の裁判所のホームページで申立を行なう時の書式が手に入ります。
自己破産の申立て等で使う書式例




貸金業者との間の証明書類、書類など


貸金業者との間の証明書類、書類などには、

 ・契約書
 ・借用書
 ・領収書
 ・銀行振込の控え

のようなものが該当します。
これらの書類などを出来るだけ集めておき、
各、貸金業者ごとにまとめておくようにしましょう。




給料の証明


給料の証明になる物も揃えておく必要があります。
一般的には、給料明細を準備しておけば良いでしょう。




預金通帳のコピー


預金通帳のコピーも必要になります。
この預金通帳のコピーは、残高がゼロ円である場合でも
必要になりますので、準備しておきましょう。




財産目録


財産目録とは、あなたが所有している家や土地、などの財産の一覧のことになります。
財産と言っても、家や土地だけではありません。
財産とは、あなたが所有している

 ・家、土地
 ・自動車
 ・株、投資信託
 ・預貯金
 ・生命保険の解約返戻金
 ・現在、退職した場合の退職金額

のような物の事になります。



自己破産を行なう場合には、もちろん、申立書なども必要になりますが、
まずは、いずれ必要になる物をそろえておくようにしましょう。





スポンサーリンク


2007年07月05日 20:04