「あ行」の用語解説

「一本化(いっぽんか)」の用語解説

スポンサーリンク


ここでは、「一本化(いっぽんか)」の用語の解説を行なっています。自己破産について調べていて、「一本化」についての用語の意味が分からない場合に、ここで紹介している「一本化」の意味を参考にして貰えればと思います。


一本化(いっぽんか)とは?

一本化とは、複数の業者から借りているローンや借金を1つのところにまとめることを借金の一本化と言います。

色々な銀行などの金融機関からローンや借金をしている場合には、返済日の違いなどもあって、返済計画が大変になります。また、借金やローンの金利についても多いところと少ないところが色々とあるので管理が大変です。

このような事にならない為には、借金の一本化をする事によって、借金をまとめる事によって借りているお金をまとめることによって金利をきひ下げることが出来るようになるメリットもあります。

また、返済日を、月に1回にする事によって、返済計画も立てやすくする事が出来るようにすると言ったメリットがあります。

ただし、借金の一般化をしたとしても借金の返済額を高くしすぎると返済に困る場合があります。そうなると滞納だけではなく遅延損害金が発生してしまう場合があります。

このようになると返済金額も大きくなるので負担が逆に大きくなってしまうので、一本化した意味がなくなります。注意する必要があります。


スポンサーリンク


2013年06月03日 14:57