「あ行」の用語解説

「一括返済(いっかつへんさい)」の用語解説

スポンサーリンク


ここでは、「一括返済(いっかつへんさい)」の用語の解説を行なっています。自己破産について調べていて、「一括返済」についての用語の意味が分からない場合に、ここで紹介している「一括返済」の意味を参考にして貰えればと思います。


一括返済(いっかつへんさい)とは?

一括返済とは、借金の返済方法の1つの返済方法です。通常、多くの場合は、借金の返済をする場合には、分割返済をする事が多いと思います。10回払い、20回払いなど、その人によって色々ではないかと思います。

このように分割払いをすると言うのは債務者の権利でもあります。それだけの回数で支払いをしても良いと言う条件になります。

一括返済を行なう場合には、このような債務者が自分で、自ら期限の猶予を破棄して返済日が来る前に残額の借金を全額返済すると言うことになります。


実際に、このように借金をした場合やローンをした場合には、一括返済を行なうと言う事がお得であると言われています。では、具体的に一括返済のメリットとは何でしょうか?

一括返済のメリットとは、ローンなどで分割返済を行なっている場合には、毎月、借金の返済を行う事によって、借りたお金の元金以外にも利息を支払うことになります。この利息は契約をした時に定めた金利によって金額が変わってきます。

借金であったり、カードローンなどを利用した場合には、基本的に高利の利息である事が多いので、返済期間が長くなれば長くなるほど、完済するまでの利息の支払う金額が大きくなります。

この為、一括返済を行う事で、残りの借金をまとめて支払うことで、返済期間を短くすることで、利息部分の支払いを減らすことが出来ると言ったメリットがあります。

ある程度のお金を貯める事が出来たら、一括返済をするのがお得であると思います。基本的に、借金やローンの場合の利息と銀行などの預貯金の金利を比較すると圧倒的に借りたお金への利息の方が大きいこともあるので、一括返済をするのがお得であると思います。



スポンサーリンク


2013年05月13日 16:58