「あ行」の用語解説

「異議申立(いぎもうしたて)」の用語解説

スポンサーリンク


ここでは、「異議申立(いぎもうしたて)」の用語の解説を行なっています。自己破産について調べていて、「異議申立」についての用語の意味が分からない場合に、ここで紹介している「異議申立」の意味を参考にして貰えればと思います。


異議申立(いぎもうしたて)とは?

異議申立とは、信用情報機関に登録されている情報である信用情報などに誤りがあると分かった場合に、信用情報機関に対して、登録されている信用情報の訂正であったり、削除を依頼する事を異議申し立てと言います。

信用情報機関とは、ぞくに言うブラックリストとも言われる事があります。民間の信用情報機関は、個人情報を収集して保管してデーターベースにしています。この信用情報機関に登録されるのは、借金の引きなおし計算をしても借金が残り、その残った借金に対して任意整理などを行なった場合に、信用情報機関に「契約見直し」などの情報が登録される事になります。

また、以前では、借金の引きなおし計算を行なった後に過払い金の返還請求をした場合でも信用情報機関に登録されていました。しかし、平成23年4月19日からは「契約見直し」の情報の収集や提供を廃止することになりました。

この為、過払い金請求をしたとしても信用情報機関に登録される事はなくなりました。また、既に登録されていた過払い金請求をした人の情報についても削除されたようです。


なお、信用情報機関の情報については、本人が申し込めば信用情報がどのようになっているのかを確認する事もできるようです。


スポンサーリンク


2013年04月26日 09:40