「あ行」の用語解説

「按分弁済(あんぶんべんさい)」の用語解説

スポンサーリンク


ここでは、「按分弁済(あんぶんべんさい)」の用語の解説を行なっています。自己破産について調べていて、「按分弁済」についての用語の意味が分からない場合に、ここで紹介している「按分弁済」の意味を参考にして貰えればと思います。



按分弁済(あんぶんべんさい)とは?


按分弁済(あんぶんべんさい)とは、複数人いる債権者にたいして、それぞれの債権額に比例した分配で債権者へ借金の返済を行なう方法になります。例えば、一定期間内の仕事で得ている給料などからお金の積み立てを行い、その積み立てた金額を債権者に分配して支払う事で弁済をする事で免責を得る手続きになります。


また、同時廃止決定を得るために、財産の価値を見積もることで、債権者の債権額に対して分配する事を按分弁済とも言えます。債権者に全ての借金の金額んも返済が出来れば問題はないのですが、どうしても返済が出来ない場合には、債権者の債権額に応じて、公平に返済が出来るようにする方法とも言う事が出来ます。



スポンサーリンク


2013年01月24日 23:01