自己破産をするかの判断点

自己破産をした方が良いかどうか

スポンサーリンク


自己破産をした方が良いかどうか


自己破産の申立を裁判所に行なうのは、借金の返済に困っている債務者自身が
自分で行う事になります。
実際に、自己破産を行なうかどうかは、自分で判断するのも良いですが、
弁護士や司法書士などの借金整理の専門家に相談する方法もあります。


ここでは、自分で自己破産の申立を裁判所にしようと思っている人が、自己破産
するべきかどうかの判断する時に参考になる情報を紹介しておきたいと思います。



自己破産をしようと思っている人が裁判所に自己破産の申立を行なったとしても、
裁判所により、借金の返済が可能であると判断された場合には、裁判所から
破産宣告を受けることが出来ずに、自己破産を行う事ができません。


では、どのような場合に、自己破産をすると良いのでしょうか。
それは、自己破産をする為の理由である破産の原因が必要になります。




自己破産の原因とは?


自己破産をする為に必要な自己破産の原因とは、支払不能状態
になっている必要があります。

このような支払不能状態状態にある人であると裁判所に認められた
人のみが自己破産を行なう事が出来るようになります。



次のページでは、実際にどのような人が支払不能状態であるかについての
支払不能状態とはどのような状態であるかを見て行きたいと思います。




スポンサーリンク


2007年07月05日 20:00