費用関係

予納金の費用が準備できない場合

スポンサーリンク



予納金の費用が準備できない場合


借金を色々な貸金業者などからしていて、どうにも返済を行なう事が困難になった
場合には、自己破産を考える事になるかもしれません。


このように、自己破産の申立を行なおうと思った時に、特に、家や土地、株式や預貯金などの
財産が無い場合には、同時廃止の自己破産の申立を行なう事が出来るので、比較的、自己破産に
必要となる費用は、押さえることができます。



ただし、家や土地などのある一定額の財産がある場合には、自己破産を行なう場合には、
50万円以上の費用が必要になります。


また、同時廃止の自己破産を行なう場合でも、自己破産の手続きを弁護士に依頼した
場合には、それなりのお金が必要になります。



このような場合に、借金の返済にお金を使っていた為に、自己破産をする必要が
あるのに、自己破産を行なう費用を捻出する事が出来ない場合があります。




自己破産の費用に困った時にしてはいけない注意点


このような自己破産の費用の捻出に困った場合に、さらに貸金業者から借金をして、
自己破産の費用を借りることはしてはいけません。


自己破産をする為に借金をしたような場合には、免責の決定を行なう判断をする
場合に、裁判所としては、当然、問題にします。
また、貸金業者からすると、返済するつもりが無いのにお金を借りたと言う
事になり、詐欺罪だと言われても仕方が無い事になってしまいます。


この為、自己破産をする場合の費用を貸金業者から借りるのはもってのほかで、
してはいけない事になります。




自己破産の費用をどうしても準備出来ない時


自己破産の費用をどうしても準備出来ない時には、多くの人の場合には、
親や兄弟、親戚、友人などの信用できる人から借りている人です。


親、兄弟、親戚などにしても、サラ金などの貸金業者などの取り立てに合っている場合には、
迷惑をしていると思いますので、サラ金などの貸金業者への返済の為にお金を貸すよりも
自己破産をした方が良い場合もあると思いますので、親、兄弟、親戚や、信用できる友人
などに、お金を借りるように相談すると良いと思います。




スポンサーリンク


2007年12月10日 05:30