費用関係

自己破産を弁護士に依頼した場合の費用

スポンサーリンク


自己破産を弁護士に依頼した場合の費用


自己破産の申立を裁判所に行なう場合に、自分で行なう事も可能でしょうが、
自分で自己破産の申立を行なうのは難しい場合もるでしょうし、安全に、確実に
自己破産の手続きを行なう為に、弁護士に自己破産の手続きを任せたいと
思う人も居ると思います。


ここでは、一般的に、自己破産を弁護士に頼んだ場合には、どれくらいの
費用が必要になるのかを紹介しておきたいと思います。
ただし、ここで紹介する費用は、一般的な弁護士費用である為、
実際に、どれくらいの費用であるかは弁護士によっても違う場合があります
ので、実際に弁護士などの専門家に自己破産の依頼する場合には、
事前に費用の確認を行なうようにして下さい。



自己破産の弁護士費用について


自己破産の依頼を弁護士に依頼した場合には、

 ・着手金
 ・報酬金

の2つの費用に分かれます。



【着手金とは?】

着手金とは、弁護士に自己破産の依頼をて、弁護士が自己破産の手続きを
引き受けた時に支払う費用になります。
着手金という名前の通り、弁護士が自己破産の手続きに着手した時点で
支払うお金です。


この着手金の金額は、一般的には、20万円〜40万円程度になります。
一般的に、この20万円〜40万円の金額の幅は、借金の金額によって、
着手金の金額を分けている弁護士も居ます。


もしも、借金の金額が高額な場合には、さらに高い金額の設定をしている
弁護士も居るようです。




【報酬金とは?】


報酬金とは、成功報酬のことになります。
弁護士に依頼して、自己破産を行なう場合で、免責を受けることが出来た時に
支払う事になる費用のことを報酬金と言います。
場合によっては、成功報酬金という人も居るようです。


この報酬金は、基本的に、着手金と同じ金額を設定しているのが一般的です。
また、場合によっては、免責になった借金の金額の1割、2割といった感じで
報酬金を設定している場合もあります。



弁護士に自己破産を依頼した場合の費用は、このようになっています。
なお、弁護士への相談については、30分で、5000円が相場と
なっています。




スポンサーリンク


2008年01月16日 19:54