注意点

自己破産をする事によって、できなくなる事

スポンサーリンク


自己破産をする事によって、できなくなる事


自己破産をすると、借金の返済が免除される事になります。
特定調停や個人の民事再生を行なった場合には、借金の返済する必要がある金額が
減ることがありますが、自己破産の場合には、借金が全額返済する必要が無くなります。


このように自己破産をする事によって、借金の返済をする必要が無くなります。
この点が自己破産の一番良い点であり、自己破産の特徴になります。




しかし、自己破産をした場合には、良いことばかりではありません。
自己破産をした場合には、ある一定の制限を受けることになります。
この制限を受ける内容とは、
 ・職業について
 ・資格について
 ・財産について
などについて制限を受けることになります。



自己破産をした場合に制限を受ける職業


自己破産をした人の場合には、生命保険会社などのある一定の職業については、
就職する事ができなくなります。



自己破産をした場合に制限を受ける資格


自己破産をした人の場合には、
 ・弁護士
 ・公認会計士
 ・税理士
 ・弁理士
などのある一定の資格を有している場合には、 資格を失う事になります。



自己破産をした場合に制限を受ける財産


ある一定以上の財産を持っている人の場合には、自己破産をした事によって、
自分で、財産を処分する事ができなくなります。




スポンサーリンク


2007年07月05日 19:51