注意点

借金の返済が免除される為に必要なこと

スポンサーリンク


借金の返済が免除される為に必要なこと


借金の返済に困っている人の場合には、借金の整理を考えると良いと思います。
借金の整理方法には、

 ・任意整理
 ・特定調停
 ・個人の民事再生
 ・自己破産

などの方法があります。


この4つのうち

 ・任意整理
 ・特定調停
 ・個人の民事再生

の3つについては、どうにかして、借金の返済を行なう方法です。
自己破産だけが、借金の返済を免除される事ができます。



この自己破産を行なう場合には、裁判所に自己破産の申立を行なう事になります。
自己破産の申立をして、裁判所に自己破産が認められると破産宣告を受けることになります。


このように裁判所から自己破産破産宣告を受けた段階では、借金の
返済が免除された訳ではありません。
裁判所から破産宣告をされた状態では、借金の返済が出来ない人である
支払不能状態であるという事が認められただけです。



借金の返済が免除される為には、自己破産の申立を行ない、破産宣告を受けた後に
免責の申立を行なう必要があります。
この免責の申立てが認められて初めて、借金の返済が免除された事になります。


もしも、財産がある状態で、破産宣告を受けただけでは、破産管財人によって、
財産が処分されて、債権者に分配されるだけで、残った借金の残額は
借金が残った状態になります。


また、財産が無い人の場合には、破産宣告を受けただけでは、
借金が全額残ることになります。



この為、破産宣告を受けた後には、必ず免責の申立を行い、
借金を帳消しにする必要があります。





スポンサーリンク


2007年07月05日 19:51