メリット・デメリット

自己破産をした場合のデメリットの概容

スポンサーリンク


自己破産をした場合のデメリットの概容


ここでは、自己破産を行なった場合のデメリットについて見て行きたいと思います。


自己破産を行なった場合のデメリットには、会社やご近所に自己破産した事が知られる
のが心配という悪いイメージがあると思いますが、ここで紹介している
自己破産のデメリットは、自己破産による法的な制約を受ける範囲の
デメリットを見て行きたいと思います。



ここで紹介している自己破産のデメリットは、実際に、破産宣告を受けた場合に
適応される事になる内容ですが、適応を受けている期間は、免責が確定する
までになりますので、自己破産のデメリットを受ける期間としては、限定的な
ものになります。




自己破産によって、制約を受ける内容


自己破産の申立が認められると、自己破産の申立を行なった人は、破産者として
扱われます。この破産者になった人は、下記のような制約を受ける事になります。




 ・公的な職業などに関する資格を有している場合
 ・民法上の制限
 ・商法上の制限
 ・破産管財人による制限


自己破産を行なうと、このような、上記のような事に関して制限を受ける事になります。



具体的な制約を受ける内容については、次のページにて説明したいと思います。




スポンサーリンク


2007年07月05日 19:50