基礎知識

自己破産とは、どのような制度か?

スポンサーリンク


自己破産とは、どのような制度か?


ここでは、自己破産の基礎的な内容を押えておくために、
自己破産とはどのような制度であるかについて見て行きたいと思います。


自己破産とは、多くの借金を抱えた人が、「もう借金の返済が出来ません」と言う事を
前提に、裁判所に対して、自己破産の申立を行なう事で、裁判所が借金の返済を
出来ない事を認める事になります。



自己破産が認められた後に、「免責」まで認められると、今までにしていた借金の
返済は免除される事になります。
この為、自己破産とは、「免責」までを含めて考えた場合には、借金の返済を完全に
免除される事によって、借金をしている債務者がいちから立ち直るきっかけを与える
救済策と言って良いと思います。


ただし、自己破産を行なうと、単純に借金の返済が免除されると言う訳ではありません。
借金をしている人が自己破産をして、借金の返済を免除されると、お金を貸している
貸金業者などの債権者はたまったものではありません。



この為、貸金業者などの債権者と借金をしている債務者の両方に、できるだけ
公平になるように、もしも、借金をしている債務者がある一定以上の家や土地、
高級車などの財産を持っている場合には、借金をしている債務者から取り上げられて
貸金業者などの債権者に公平に分配をする事になります。


このように、自己破産と免責を行なう場合には、裁判所が公的な立場から
貸金業者などの債権者に最低限の利益を確保しながら、借金をしている
債務者の救済を行なう事になります。





スポンサーリンク


2007年07月05日 19:45