色々なケースの自己破産

連帯保証人が行なえる借金整理の方法

スポンサーリンク


連帯保証人が行なえる借金整理の方法


借金をしている債務者が借金の返済が出来なくなると連帯保証人
なっている人が債務者が借金の返済を行なって行くことになります。


連帯保証人が問題なく、借金の返済が出来る場合には、問題はありませんが、
もしも、連帯保証人も借金の返済が出来ない場合には、
下記のような方法を取る事ができます。

 ・借金をしている債務者と連帯保証人が一緒に任意整理を行なう
 ・借金をした債務者が自己破産を行い、連帯保証人は任意整理をする
 ・借金をした債務者と連帯保証人が一緒に自己破産をする



ここでは、上記の3つの方法について具体的に見て行きたいと思います。




借金をしている債務者と連帯保証人が一緒に任意整理を行なう


借金をしている債務者が借金の返済に困り、自己破産をしようとしている場合でも、
債務者が単独での借金の返済が行なえない場合でも、連帯保証人と一緒に
任意整理の方法を取ることが出来るかもしれません。


もしも、連帯保証人にある程度の返済する能力があれば、借金を任意整理する
ことで、借金の利息の引き直しを行ない、減額を行なったり、返済条件を見直して、
分割で返済を行なう方法もあります。



このように、借金をした債務者と連帯保証人が一緒に、借金の返済を行い、
借金をした債務者が自己破産をしなければ、貸金業者への借金の返済が完了した
後に、連帯保証人に対して、連帯保証人が貸金業者に返済したお金を
借金をした債務者が返済する事も可能となります。


もしも、借金をしたが返済が出来ずに、自己破産をしたいが、連帯保証人
悪いと思い、困っている場合には、連帯保証人と一緒に借金の返済を行なう
方法を取ることができます。




借金をした債務者が自己破産を行い、連帯保証人は任意整理をする


借金をした債務者が自己破産をしてしまった場合ですが、借金をした債務者の借金は、
連帯保証人が返済して行くことになります。


このような場合に、連帯保証人がある程度の財産を持っていている場合で、借金の
返済を考える場合には、任意整理を行い、貸金業者と交渉して借金の減額や
支払い条件の見直しを行ない、分割払いにする方法を取る事ができます。




借金をした債務者と連帯保証人が一緒に自己破産をする


借金をした債務者が借金の返済が出来ない状態になった場合には、連帯保証人
借金の返済を行なう事になりますが、連帯保証人も借金の返済を行なう事が
出来ない場合には、借金をした債務者と連帯保証人が一緒に自己破産する事に
なります。


このようなケースは、夫が借金をしていて、妻が連帯保証人になっている場合などが
あげられるのではないでしょうか。
夫が借金の返済が出来ない場合に、妻が連帯保証人になっていて、借金の返済が出来ない
場合には、夫婦揃って、自己破産をする方法しかないと思います。





スポンサーリンク


2007年07月05日 20:20