色々なケースの自己破産

連帯保証人が居る場合の自己破産

スポンサーリンク


連帯保証人が居る場合の自己破産


貸金業者などから借金をする時に連帯保証人を付けている場合があると思います。
このような連帯保証人が居る場合に、借金をした債務者が自己破産をした場合に
連帯保証人がどのようになるかを見て行きたいと思います。


連帯保証人になっている場合には、借金をしている債務者が借金の返済が
出来なくなった場合に、変わりに返済をする必要がでてきます。
ここでは、借金をしている債務者が支払不能状態になり、借金の返済が
出来なくなった時に、連帯保証人が取れる方法を見て行きたいと思います。



もしも、借金をした債務者が借金の返済ができない場合には、貸金業者などの
債権者は、連帯保証人に対して借金の支払いを依頼する事になります。


ここで、連帯保証人が問題なく、借金の返済をする事が可能である場合には、
問題がありませんが、もしも、借金の返済が出来ない場合には、どのような
方法を取る事ができるのでしょう。



もしも、連帯保証人も借金の返済が出来ない場合には、
下記のような方法を取る事ができます。

 ・借金をしている債務者と連帯保証人が一緒に任意整理を行なう
 ・借金をした債務者が自己破産を行い、連帯保証人は任意整理をする
 ・借金をした債務者と連帯保証人が一緒に自己破産をする


連帯保証人が借金をした債務者の借金の返済ができない場合には、
上記のような方法を取る事ができます。



次のページでは、上記の3つの方法について、もう少し具体的に、
見て行きたいと思います。



スポンサーリンク


2007年07月05日 20:20